Return to site

感謝を込めて、K&Cの2019年を振り返る

Kiss and Cry は何を提供出来たのか。

· 季節のご挨拶

感謝を込めて、2019年を振り返る

K&Cのブログを更新していない自覚はあったのですが、なんと最終更新が2019年5月でした。1年の最後の日になって、いまさら青くなっています。

とはいえ、その分今年もたくさんのお客さまと共に、ビジネスに励んできました。

今年お付き合いがあったお客さま数は、単発も含めると21社。その中に複数のお客さまが含まれているケースがあるので、正確には28社ものお客さまとお仕事をさせていただきました。

PRコンサルから、もう一歩広い世界へ

独立2年目、今年はPRコンサルタントとしてだけでなく、広く活躍の機会をいただけた年でした。まず、ハフポストや日経クロスウーマン、ウートピなど、物書きの落合絵美として多く情報発信の機会をいただけました。

ハフポストの第1回目の記事

合わせて、ライターとしてのお仕事もたくさんいただくことが出来ました。中でも、2019年の第一クオーターは、独立行政法人中小企業基盤整備機構さまのお仕事で、西日本を中心に各地のステキな企業さまを取材させていただきました。

現在の仕事の割合としては、PR業が8割、ライター業が2割くらいのボリュームになっています。ちなみに、年初に立てた目標が、

2019年に着手すること①

「対メディア広報」以外の情報発信についてスキルを身に着け、実績を積み、サービスとして提供できるように仕上げます。

2019年に着手すること②

「文章術」について体系化し、サービスとして提供できるように仕上げます。

だったのですが、体系化は出来なかったものの、文章でお客さまに貢献する機会は飛躍的に増えました。また、その過程で、お客さまのサイトの添削やイベントで配布する資料のライティング、パワーポイントの代行作成、クラウドファンディングのアドバイスなど、ストレートなPRとは少しし違う、もう一歩広いお仕事ができたのは良かったかな、と思っています。

2020年から、K&Cは株式会社になります

既にFacebook等でお知らせをしている通り、先日無事に法人化の手続きを済ませまして、2020年1月のお取引から、Kiss and Cryは「株式会社Kiss and Cry」になります。おかげさまでこの2年間の業績が非常に好調であり、この機会に法人化という運びになりました。とはいえ、業務内容はこれまでと変わりません。

「知られていない」は「もったいない」

素晴らしい企業・製品・サービス・働く人々。

その魅力を、広報のチカラで世界に発信します。

独立したときのこの気持ちのまま、2020年も広報、そして物書きとして、クライアントさまの情熱を世界に届けていきます。

また、株式会社化しても、これまでの方針通り人は採用せずに自分の手の届く範囲でお客さまに貢献していきます。コンサル業は、どうしても「人」が仕事になります。私がコンサルタントとしてパフォーマンスを生み続けるために、法人化後も人を採用する予定はありません。

また、2020年はプライベートな事情で中盤から仕事をセーブすることになる見込みです。これについては、また個人ブログ道はローマまで続いているで年明けに書く予定です。クライアントさまにはご不便をおかけしますが、どのお客様も嫌な顔せず事情を理解してくださったことに感謝いたします。

休業中に、また新しい知識や感性を仕入れて、2020年はさらに飛躍の1年にしてまいります。

今年も残すところ、約1時間。

みなさまにとって2020年が、素晴らしい年になることをお祈りいたします。

2019年12月31日 22時50分

Kiss and Cry 代表・落合 絵美

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly